前へ
次へ

家庭教育が人格を形成する

家庭教育は、その子供の人格を形成すると言っても過言ではありません。例えば、子供がいい加減に大人になるかどうかは、親次第といえます。親の子供に対する接し方が不十分な場合には、子供が非行に走る可能性もあるでしょう。あるいは、歪んだ人格になってしまうことも考えられなくはありません。一昔前は、そこまで心配する必要はありませんでした。何故かと言えば、親がいなくても祖父母が補助的な役割で子供を育てていたからです。完全に祖父母におんぶに抱っこの状態は良くないものの、親が忙しいときには祖父母が子供の相手をしてくれたわけです。ですが最近は、核家族化により自宅に祖父母がいることも少ないわけです。そのため、子供の教育の負担が全て両親にのしかかってしまい、悲鳴をあげている親も多いでしょう。そこで、少しでも負担を減らすために可能な限り子供に自立をさせつつ親も子供に積極的に関与することが重要です。そうすると、親の時間がなくなるかもしれませんが、時間を上手に使うことで生み出すことが可能です。今までダラダラ生活していたならば、それを改善して合理的に事務処理をする必要があるでしょう。例えば部屋の掃除も30分かかっていたならばこれを15分で終わらす工夫が必要です。自分で目的もなくテレビを見ていたならば、テレビ番組を見る行為自体をやめてしまうと良いです。テレビは、子供にとっても悪い影響を及ぼす可能性が高いでしょう。そのため、親がきっちりと自分自身で生活に線引きをすることが必要です。親の時間管理がしっかりしていれば、子供も大きくなった時時間の重要性に気がつく可能性が高いです。このように、子供を育てる行為は、親にとっても自分自身を育てる行為でもあります。自分自身がいただけているのに、子供だけにしっかり行きなさいと述べるのはおかしな話でしょう。この点を理解していない大人は、十分な教育ができるとは考えられません。ですが、子供を育てると同時に自分自身を育てていくと考えれば、子育て自体は非常に素晴らしい機会といえます。

https://www.worldofescher.com/

エコループ

https://xn--eckl3qmbc6976d2udy3ah35b.com/
お子様のやる気を伸ばし、点数アップへとつなげるオンライン家庭教師のe-Liveです

Page Top